February 21, 2013

グランドハイエース人気

グランドハイエース、いまだに人気ありますね!

今日来たヤマト便の方が、僕グランドハイエース乗ってるんです・・と。以前うちの駐車場に止まっていたのを知っていて、話をしてくれました。2年前にディーゼルを、聞いてびっくりの価格で購入されたとのこと(本当にびっくりしました)。

このブログの検索ワードでも、圧倒的に多いのが、グランドハイエース。オークションでも純正のシートカバーなど予想外の高値で売れました。ガソリンばら撒いて環境に悪いといわれるかもしれませんが、長く愛されて乗り続けられる車って、そうそうないと思います。本当はこっちの方がエコなのかもしれませんね。

あらためて、車っていいなぁ~と感じた日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2012

お別れのときが・・・

 突然ですが、グランドハイエースとのお別れのときが近づいてきました。

 思い起こせば、購入前は頑なにミニバンを拒み、拒否反応を示していた自分でした。ただ、所有してみて、乗っている人みんなが楽しそうにしている姿に、出かける時にはこちらもわくわくするようになりました。

 自動車を運転する楽しみというのは、自動車そのものと向き合うだけではなく、乗っている人と密接にコミュニケーションから生まれます。このグランドハイエースは人とのコミュニケーションの場として大活躍しました。家族や両親を含めた遠出や近所の食事、また最近は二男のサッカーの遠征時・・・みんながこの車に乗りたい!と言ってくれました。2列目3列目を向かい合わせにして、楽しい会話が。こちらは運転手さんに徹しますが、それもまた幸せでした。

 大型のミニバンというと、我が物顔でに道路を運転するというイメージがありましたが、自分の場合はこの車に乗っている間は余裕みたいなものがうまれ、とにかく安全運転に徹することが出来ました。周りのミニバンに乗っている方も、本当に安全運転です。もしかしたら、ミニバンアレルギーだった自分がミニバンに乗っている人を勝手に悪者にしていたのかもしれません。

 はじめての中古車でしたが、今までの車と同様、いやそれ以上に愛着の湧いた車でした。はじめての遠出の旅行で行った富士サファリパークや大雪の志賀高原、荷物満載のキャンプやサッカーの遠征・・この車でなければできなかった本当に楽しい思い出が一杯です。7年間という時間を一緒に過ごせてよかったです。良い車に出会えて感謝しています。

 現在の自動車3台体制から2台へ・・そんなことから奥さんでも運転の出来るミニバンへ。何となくそんなことを考え始めてから、これまで全く故障のなかったグランドハイエースが、はじめて故障しました。左のスライドドアのイージークローザーの故障です。

 自動車はいつも自分の思い出と共にいます。このグランドハイエースももちろんです。幸い現在走っているグランドハイエースは大切に乗られているものが多いです。いろんなところで見ることも出来ますし、これからも大切に乗って欲しい名車だと思います・・・ちょっとガソリンは食いますが。

 また、これからもグランドハイエースのこと思い出したら色々書き込みしたいと思います。アルファロメオという悪女が現われなかったら、ずっと一緒だったと思います。なのでもしかしたら後悔するかもしれませんが、とにかく今後一緒にいる自動車たちも大切にしていきたいと思います。

Img_3012納車4日目、富士サファリパーク駐車場にて・・

Dsc04139納車の時にはお母さんのお腹の中だった三男の卒園式の日。「あの車のタイヤはパパのと同じだよ!」初めての大きな車で興奮していた二男もこんなに大きくなりました。

Dsc04491今年の8月のキャンプ。グランドハイエース最後の家族での遠出です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2012

そういえば、エアフィルター

 その後、記録がありませんでしたが、昨年グランドハイエース購入後6年目にして、はじめてエアフィルター(エアエレメント)を交換しました。オートバックスで売っていた極普通の純正交換タイプです。

 燃費の伸びが今一だったのが理由ですが、結果燃費はほとんど変わりませんでした。

 ただ、音とフィーリングは全く変わりました。車に鈍感な妻でも気付くぐらい・・・

 まず、音ですが、静かになりました。高速道路で追い越し車線を走っていたら、後ろからスポーツカーに煽られていると思ったと妻が言うくらい、それまでエンジンから聞こえていた音がなくなりました。
 次に、V6特有の「ドロドロ感」とよく表現されるパルス感を伴った振動がなくなりました。大排気量のエンジンはある意味その振動がなんともいえず良かったりするのですが、それがなくなって「シュルシュル」エンジンが回るようになりました。なんだか軽~いエンジンになった感じ・・・
コンピュータが燃調を適切に学習してくれれば、燃費が伸びるかな・・と思いましたが、この夏にいたっても7km/lはなかなか行きませんでした(キャンプに行っても6.6km/lでした)。

でも、荷物と人を満載でキャンプに行けるって本当に楽しかったnote

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2007

グランドハイエースの車検

本日、グランドハイエースを購入して初めての(中古で購入したときに通したから2回目か?!)車検を行ってきました。平成12年式の自分の愛車なので、デビューしてからは3回目の車検になると思われます。
今回初めて、デイリー車検(自分の目の前でやってくれるやつ)を経験しましたが、目の前で数値を見せていただきながらの車検は、精神衛生上大変良いものだと思いました。昨年ディーラーで点検を受けていたこともあり、オイル交換(サービス)、とオイルエレメント交換、ブレーキフルード交換、ブレーキランプの玉切れ交換だけで、無事車検を通ることが出来ました。昨年から左のハンドルを目いっぱい切りながら、段差を越えるとフロントの足回りから、「バキッ」という異音がしていたのですが、そのことを伝えると、ステアリングを目いっぱい切ると当たるはずの右のストッパーについているキャップみたいなものが外れているとのことで、対処していただきました。自分ではそのものがどんなものなのか確認しなかったのですが、同じような症状が出ている方は、ディーラーや整備工場で確認してみたらいかがでしょうか・・・
で、ちなみに車検と整備に掛かったお金は、約10万5000円!これってグランドハイエースにしては破格の安さだと思うのですが、いかがでしょうか?!ディーラーと、このようなサービスをうまく利用しながら、末永く乗り続けたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 11, 2007

グランドハイエースが・・・

久しぶりで思わせぶりなタイトルですが、あまり大したことありません。

最近全然更新していないブログですがありがたいことに結構なアクセスがあります。その中で、圧倒的な(?)人気キーワード、フレーズが「グランドハイエース」です。

自分のブログがグランドハイエース中心とはいえ、発売開始から8年、販売終了してから4年くらい(かな)が経っているにもかかわらず、未だにそこそこの人気があると見ました。アルファードのような近年のミニバンのように洗練されてこそいませんが、それらにはないなんとも豪快な(大味な)感じは他には変えがたいものがあります。今の日本車が軒並みヨーロッパに追いつけ追い越せ、という感じなのに対し、このころのミニバンはなんともアメリカンで(ミニバン自体アメリカが発祥だからあたりまえか・・・)、ガソリンまでがレギュラー仕様という大らかさ。そういう意味では、ライバルは同年代のホンダ、ラグレイトくらいしか思い浮かびません、自分的には・・・

最近左に目いっぱいハンドルを切って段差を越えると、右前のサスペンションから、大きな異音がするようになったので心配ですが、早いところ点検に出して、これからも長く乗り続けたいと思う今日この頃です。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

March 29, 2007

アウトランダーでちょっと本気

父のアウトランダーに一人で乗る機会がありました。
これ幸いと、早速慣れ親しんだ田舎道を、ちょっぴり本気で走ってみました。

ここの田舎道の特徴は、高速でカーブしながらギャップを乗り越えるところです。自分のグランドハイエースでは時速40kmで盛大に車体にショックを受け、同乗者も飛び跳ねるような感じだし、以前乗っていたALFA156でもフロントのショックの容量が不足して底付きするような結構な段差ですが、アウトランダーに関しては、時速50km超で乗り越えても、全く車に悪いことをしているという感じもなく、難なく通過できました。ポテンシャルが非常に高いことを感じました。その代わりと言っては何ですが、ALFAで一定のステアリングアングルを保って通過できた高速コーナー(少し舗装が荒れている)では、路面の状況に応じてかなりシビアなコントロールが必要でした。この感覚は、スポーツカーを運転しているということであれば、向きを変えるためのきっかけに使えたりと、好ましいものかもしれませんが、ちょっと一般向けではないような感じがしました。正直限界まで攻めるのは怖い感じがしました。アウトランダーにスタビリティコントロールが装備されているのは、正解だと思いました。

最後に・・・結構早かったです。飛ばしても燃費も良いと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

January 31, 2007

DELICA D:5 と GRAND HIACE 比較(大きさ編)

今日はデリカD:5の発表日。夜勤明けの帰りに三菱自動車のディーラーに寄って、実物をゆっくり観賞してきました。前回見学したディーラーでは休日ということもあって、家族連れが多く、雰囲気だけだったので今日は前回とはまたちょっと違った印象を持ちました。

まだ試乗はできないので、今日は大きさについての感想を書きます。

mmDELICA D:5GRAND HIACE
全長47304790
全幅17951800
全高18701965
室内長29152890
室内幅15051640
室内高13101365

自分のグランドハイエースとの比較になりますが、まずグランドハイエースを購入した最大の理由は室内が広いからであったのですが、それと比較するとやはりやや小さく感じました。特に3列目の窓側席では側面上方が結構内側に迫ってきています。多分身長180センチの人だと、サードシートを跳ね上げる際に使用するフックが出たままになっていると、頭を傾げただけで刺さるんじゃないかという恐怖に襲われるかもしれません。実際当たりそうなので、フックはしっかりしまいましょう。
室内長はちょっとだけ小さいのかな?と思っていましたが、数字を見ると意外なことにちょっと長いようです。メーカーや時代でちょっと違いがあるのでなんともいえませんが、1列目の座席は確かにしっかりしたもので、後部座席も足元の不満はさほど出ないと思います。3列目にちょっとした段差があり、自分の場合かかとだけが段差に掛かるので脚の甲が伸びる格好になるのが少し気になりました。
グランドハイエース-135mmの室内幅は後部座席でちょっと不満を感じましたが、この車のサイズで、安全性や静粛性を向上させると今はこのくらいのサイズになってしまうのかもしれません。スライドドアや、バックドアを閉めたときのボディーのしっかり感は明らかにデリカが上で、さらに4WDで重量が100kg以上軽量というのはやはり時の流れということでしょうか(排気量を同じにすれば同程度か?!)・・・

うちのように「とにかく大きい・広い」ということ「だけ」が車の選択肢にならなければ、広さについてもさほど不満はでないと思うし、ミニバンでスキーやアウトドアに行きたい!!というのであれば最適な車ではないか、という気持ちは今でも変わっていません。来週辺りには試乗車も出るらしいので暇があったらいってみようと思います。オプションの外装パーツもかなり格好良いのでこれはもしかして・・・会社の先輩は先週三菱自動車の株を買っていました。

DELICA D:5のホームページ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 23, 2007

新型デリカ D:5 を見てきた

先日、父がアウトランダーでお世話になっているディーラーに新型DELICA D:5が展示されていたのでチラッと見てきました。G Premiiumという最上級グレードでしたが、非常に良かったです。室内のスペースもグランドハイエースと比較しても窮屈に感じることもなく、多少狭くなるにしても極端にいままでできたことが制限されることもなく、何よりもこれで4WDが付いてスキーに行くのに気が楽になるならば、自分的には大歓迎です。前回のブログで書いたとおり、現状ではポストグランドハイエースの最右翼って感じです。試乗してみたくなりました。
ちなみにボディーサイズなどは次のとおりです。
全長:4730mm
全幅:1795mm
全高:1870mm
ホイールベース:2850mm
最低地上高:210mm
最小回転半径:5.6m
お値段は Premiumで税、自賠責等含め3,687,260円・・・

| | Comments (0) | TrackBack (2)

January 05, 2007

ふらっと、パジェロを見てきた

グランドハイエースの燃費の更新もしておりませんでしたが、突然ブログを書きたくなりました。
燃費もデータを取り続けているので、今月こそは更新したいと思います。

ところで本日ふらっと新型パジェロ(展示車:EXCEED)を見てきました。ネットでチラッと見ただけで何の知識もなく見に行ったのですが、デザインやコンセプトもこれまでのものを踏襲しながらなかなかおしゃれな印象を持ちました。街中で見かけたときもちょっと気になる外観だったのですが、ショールームでもなんとなく(でもそれ以上でもなく)いい感じ・・・内装は材質形状ともに自分には大変良く、これならば何から乗り換えてもそんなに安っぽい印象は受けないのではないかな、と思いました。歳をとってからパジェロで奥さんと二人、日本中旅してみたいと思いました。

あと、今月末発表予定(?)のDELICA D:5のディーラーの先行カタログ見たいなものをもらいました。都会派になったHAMMAR H3のフロントグリルを思わせるメッキが目を引くため、なんとなく軟派になったイメージが強いですが、機能性能的にも、スペースギアに劣るところもないようです。しかし、これまでガンガン走るイメージよりも、「大人」しく走るのが似合いそうだと思うのは自分だけではないと思います。自分的にはサイズはノアなどの5ナンバーサイズよりも「ちゃんと」大きく使えそうで、アウトランダーでも癖のなさを感じた2.4LのMIVECエンジン搭載で期待しています。トヨタで言えば、アルファード(エスティマ)とノアの隙間を埋める中途半端(失礼!)ではなく、微妙なところがどちらの結果に転ぶか興味ありますが、中身よりも「なんとなく個性がある感」を大切にしていそうな若者世代(←自分の思い込みです)に思わぬ人気が出る可能性もあるような気がします。現在のグランドハイエースからの乗換えを想定すると、エンジンの余裕がない気がしますが、将来アウトランダーにも搭載が噂されている3リッターのエンジンが乗れば現段階で唯一の後継車候補になっているかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 21, 2006

成田まで日帰り往復 500km

先日、オランダからの来客があり、都合で成田まで車で送ることになりました。大型のオランダ人2名と、荷物超満載で高速道路を走行。都内の渋滞はあったものの、そのほかは、ゆったり走行。千葉市内で食事をして成田に到着。オランダ人とは成田山で別れ、帰りには成田市内の先輩と6年ぶりの再会。10分後には帰路に着きました。
その間往復約500km、燃費は8kmを少々超えました。最近、またグランドハイエースの燃費向上のコツが分かった気がするのですが、とにかく発進してから1速、2速はタコメーターと速度計がリンクする(ロックアップ)くらいゆっくり加速することだと思います。これをするかしないかで1割くらいは簡単に差が出ます。しかし、この加速・・相当遅いです。田舎の県道・市道辺りでは後ろに迷惑が掛かるほどではないのですが、ある程度精神が強い人でないと続けられないと思います。あと、深夜の東京での信号レース状態の時にやることはお勧めしません。
ちなみに、エンジン、ミッションのオイルが十分温まらないとロックアップ状態にならないようです・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)