« ボレーはハエたたきの要領で! | Main | 真田丸ゆかりの地 京都の陣 »

December 20, 2016

ALFA156から乗り換える? 第2弾 マツダ ロードスターRF編

ALFA156乗っている私が、アルファロメオから車を買い替えるという次の車を探すという想定の下、試乗インプレするという企画です。基本的には、これまで試乗またはレンタルした車の中で、156から乗り換えるのに十分な魅力がある車がなかったので、「やっぱりアルファが1番!」めでたし、めでたしとなる予定です。過去の試乗記も含みます。

第2弾はマツダ ロードスターRF(RS 6MT)です。

久々に格好いいなあと、思った車です。すぐに車を買う予定もないので、ディーラーでの試乗は気が引けるためもう何年もしていませんでしたが、たまたま立ち寄ったディーラーからの流れで、試乗する流れとなりました。今、一番興味があった車なので、願ったり叶ったりです。

【エクステリア】
素のロードスターは、まあアリかな位の見た目でしたが、RFになって横や斜めからの見た目のバランスが絶妙で、そうなると何故かフロントからの見た目も良く見えてしまうから不思議なものです。試乗車はRSというモデルで、マシーンプレミアムグレーメタリックとブラック塗装のBBSホイールにより、全体的に引き締まって見えました。文句なしに格好いい!横からのシルエットは、まさにスポーツカー。個人的な趣向では、日本から撤退してしまいましたが、6代目のFORDのマスタングGTと双璧をなします。正面や後ろからは運転手のシルエットが分かりづらいので、自分の運転している姿を含めて、横からの見た目は自分の中では結構重要です。RFは信号待ちで建物のガラスに映った時にきっと格好良く見えるに違いないと思います。

【インテリア】
運転に集中していたため、特に内装については印象に残っていません。特に印象に残っていないということはとてもしっくり来たということかもしれません。ルーフの開閉レバーも普通な感じです。RSという走りに寄ったモデルのせいか、または自分が欧州車に乗っているからか、シートの横のサポートは少しきつく感じました。ただ、日本車によくありがちな、座面が短いとか、そういう気になることが全くありません。とても考えられているんだと思います。

【走り】
渋滞路、中速クルージングを含めて20分程度での試乗では、正直判断に迷う部分がありました。ベンツC220dはすぐに評価できるくらい分かりやすかったのですが、逆に全てにおいてバランスが良く、言い方を変えれば突出している部分がないということかもしれません。初めてなのに、クラッチ操作から、シフト操作、アクセル、ブレーキとすべてが思うがままです。アルファに乗りはじめた時、知り合いに譲ったトレノに乗ってみたら、まあ乗りにくい車だこと・・と思ったのとは違い、長い間乗っていた車のようにしっくりきます。オルガン式のアクセルペダルもすぐに慣れるだろうと思えました。低速トルクがあり、街中では非常に運転しやすいです。一方、評価に迷う部分ですが、動力、つまりはエンジンについてです。音に関しては心地よく、スポーティーさがうまく演出されています。しかし、エンジン回転を上げていき3500rpm以上になった時に、少しパワーが足りないのかな?と思うことがありました。アクセルを床まで踏んだ訳ではないので、アルファと比べると、ロードスターの方が踏んだ分のパワーの出方が正解なのかもしれません。全体にはとても良い印象でした。

【その他】
・音は十分静かでグランドツーリングでも疲労しないと思います。
・スポーティーな良い音がします。
・ルーフは静かに、そして高精度で開閉できます。
・ルーフを開けても、嫌な風の入り方はしません。季節が良いときは十分楽しめそうです。花粉症の人が助手席に乗ったら開けれません。(うちの家族は自分以外全員花粉症です)。
・本田のS660よりは乗り降りしやすいです。

【総評】
「走り」のところで書きましたが、動力性能で少し判断できない部分がありました。イタリアの車で、ドライブしていると、「アクセルをもっと踏め!」と車が煽ってると言われることがあります。自分の156に関しては、フライバイワイヤによるスロットルの開け方が確信的なんだと思います。156はアクセルを半分踏んだくらいでの元気さが際立ちます。実際はパーシャル(アクセル半分)から全開にしてもさほど変化があるわけではないのです。その点、きっとロードスターは踏んだら踏んだ分なんだと予想します。人馬一体感、これはマツダが掲げるポリシーだと思いますが、実現できているという風に捉えます。自分の思うとおりに運転できるって本当に楽しいことです。しかも安全ですし。

ロードスターRFに試乗後、156に乗り換えました。やばい!めっちゃクラッチ重いし、ゴムみたい。シフトもグニャって入るし、「壊れた?!」。その後加速すると、何と気持ちが良いことか!!この刺激かたまらなくて156買ったんだよな!と改めて思い出させてくれた試乗でした。

そんなわけで、156から乗り換えるか?自分の答えはNOでした。
ロードスターにしたら、ゴルフバッグも助手席になっちゃうな~というようなことも考えますが、それでも156が再起不能になったら、ぜひ、もう一段スピードを上げて運転してみたいと思える、見た目も性格も良くできた子でした。将来の愛車候補には加わりました。


|

« ボレーはハエたたきの要領で! | Main | 真田丸ゆかりの地 京都の陣 »

3.車全般」カテゴリの記事