« キャラメルコーン | Main | 東京マラソンまで1週間 »

February 06, 2012

第55回田沼意次牧之原市マラソン大会

いよいよ、東京マラソンも1ヶ月を切りました。東京マラソンで夫婦揃っての完走を目指すプロジェクト真っ最中ですが、スタートブロックが最終ブロックだと、スタートラインを通り過ぎるのに20分以上かかる可能性があります。東京マラソンの関門時間は厳しいので、想定では9分/kmを切るペースで走り続ける必要があります。大体フルマラソンを6時間20分で走りきる走力が必要ということです。

昨年10月の第3回しまだ大井川マラソンinリバティでは夫婦で初の完走を果たし、6時間50分。あと30分縮めなければなりません。

東京マラソン前哨戦ということで、今年は第55回田沼意次牧之原市マラソン大会の10kmを選びました。本当は昨年同様森町ロードレース大会出場を、と思っていましたが、あっという間に定員に達したため、急遽こちらにしました。

制限時間が70分なので、7分/kmでゴールすれば、フルマラソンの目標9分/kmには十分な良い練習になると思ってました、が・・・最初の1kmが5分55秒なのに、既に最後尾にweep背後に大会運営の車を音を聞きながら走り続けました。さすがに、最後尾はプレッシャーを感じます。こんなにハイペース(?)で走ったことが無い妻は、既に息が上がっていましたが、最終的には平均6分20秒/kmで走りきり、63分13秒でゴールhappy01なんと、ブービーでしたrun

予想以上のハイレベルな大会で・・というよりは参加人数が少なく(参加した10kmは285人参加)、手作り感満載の非常にほのぼのした大会でした。ほぼ、ビリで走り続けたおかげか、スタッフや沿道の住民の応援が暖かく、妻にとってはありえない記録で完走できました。ゴール直前に買い物帰りらしきおばあちゃんが、自転車で並走してくれましたが、「あんたっちゃどこまで走ってきただね?遠くまで行ってきたずらね~。」と、普通のマラソン大会ではなかなか出来ない体験もしました。コースも走りやすいし、駐車場も広い、さらには、参加女性にガーベラの花束のプレゼントも・・圏内では有数のマラソンの実力校の藤枝明誠のトップ選手と勝負するもよし、田舎ののんびりした風景を楽しみながら走るもよしのお勧めのマラソン大会でした。penguin

これで、東京マラソン完走に一歩近づいたかなsign02

Photo開会式の様子。向こうに見えるのは相良資料館です。

2駐車場になっていた、相良サンビーチ。小さい頃、この辺に海水浴に来たな~。近くには御前崎のなぶら市場があります。海鮮丼食べたい~。


|

« キャラメルコーン | Main | 東京マラソンまで1週間 »

4.フルマラソン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73547/53913650

Listed below are links to weblogs that reference 第55回田沼意次牧之原市マラソン大会:

« キャラメルコーン | Main | 東京マラソンまで1週間 »