« January 2012 | Main | March 2012 »

February 28, 2012

体脂肪35%の妻と・・東京マラソン完走記(トレーニング編)

昨日行われた「2012東京マラソン」、体脂肪35%の妻と並走し、夫婦揃って完走しましたsign03
ちなみにタイムは6時間15分台(ネット5時間56分台)でした。
半年前は信じられないことをやりとげ、程よい脚の痛みとともに満足感に浸っておりますbeer(お酒ほとんど飲めず)。

2012東京マラソン当選時点で妻のフルマラソンの経験は2009年の1回、そのタイムは7時間25分でした。この7時間25分というタイム、2年前に、短い距離でしたがほぼ毎日練習を重ねて出したタイムです。体重も10kg近く軽かったときのものです。

妻にとって東京マラソンの完走が難しい理由は、スタートまでのタイムロスを20分程度、また昨年の経験からトイレのロスタイムは約10分/回と大きく、さらには約5km置きに関門(制限時間)が設定されているためです。相当難易度が上がります・・・というか普通考えると不可能です。

その妻を完走させるというのは、会社の大プロジェクト並みの難易度した(自分の中では・・・)。

妻の唯一のマラソン経験7時間25分は、一人で走らせたためペースがばらばらだったことが想像できました。まずは2011年10月の第3回しまだ大井川マラソン in リバティ(以下第3回島田マラソン)で、完走は無理でも、できるだけ7時間程度で完走できるペースで走ってみようと思い、並走しました。途中脚がつるというハプニングもありましたが、ほぼ練習無しのやる気なしだった(体重だけは必要以上にあった)にもかかわらず、序盤多少タイム的に余裕を持ったペースで走ったことで6時間50分でゴールできました。妻にしては限界まで頑張ってのタイムでしたが、体重が重くてもペースに気を配れば7時間で走れる走力があることが分かりました。

あとは体重を絞れば・・と、何とか希望が持てるようになりました。(しかし、結果的に東京マラソンまで体重は2kg位の減少にとどまりました。体脂肪も約35%ですcoldsweats01

本番当日も(私から見ると)体脂肪約35%という生命の危機とも思える状態でしたが、結果完走できました。良かったのは、2009年の毎日の練習が30分程度と、短い時間で早く走ることを繰り返していたトレーニングを、今回は、とにかくゆっくり長くに切り替えたのが良かったのではないかと思います。子育て中なので、頻繁に練習できない代わりに、1度に1時間~2時間ゆっくりお話の出来る程度のスピードで走る練習を本番前までに数回ずつ取り入れました。練習でゆっくり走るのは結構大変です。しかし、ペースを守って第3回島田マラソンで完走できたことで、ペースを守ることの重要性が分かったのが大きかったと思います。

月間走行距離は、2009年も今回も最高でも100km弱でしたが、やはり、フルマラソンにはフルマラソンの練習があることを身をもって実感できました。歳をとっても記録を伸ばし続ける人がいるのも納得です。奥が深いスポーツですpenguin

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2012

2012 東京マラソン受付してきた

今年の東京マラソンはOne Tokyo プレミアムメンバーのペアで当選しました。

昨年は一人参加で充分楽しめましたが、二人はひとりより楽しいです。昨年ほとんど参加しなかった受付会場内のブースイベントも色々参加しました。ランチは友人と会食もでき本当に充実した一日でした。今から今回初めて東京マラソンに当選した会社の上司と夕食です。

ところで、先ほど書いたとおり、『ペア』の申し込みだったのですが、スタートブロックが違いました。妻は最後尾のKブロック、私はHブロックでした。いまいちペアの意義に疑問符‥多分自分が最後尾に移動することのなると思います。

でもブースの方が言うには、ペアの当選は稀らしかったです。ラッキーを生かして明日も楽しもうっと(^-^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2012

東京マラソンまであと2日

ついに、迫ってまいりました東京マラソン。

昨年と違って、自分のことだけではなく、とにかく夫婦で完走が目標なので、いろんな意味でプレッシャーがかかっています。もちろんさまざまな状況を想定して準備するのはそれはそれで楽しい面もあります。一般人が42km以上の距離を走ろうっていうもんですから、想定外のことがいろいろ起こります。

練習では痛くなったことが無いようなところが、走り始めてからすぐ痛くなったり、トイレなんかも2度も3度も行きたくなったり、股(というか、た○た○の下)ズレしたり・・・typhoon

でも、とにかく日本最大級のマラソンイベントを思いっきり楽しみたいです。昨年走って楽しいのは間違いありませんので。

あとは、昨年のマラソンの後の東北大震災・・・
去年の大会では、走っている最中から周りの人への感謝の念が絶えませんでしたが、今年は昨年以上に、沿道の方や日ごろからお世話になっている周りの方、そして皆さんの幸せを祈りながら、そして自分達の幸せに感謝しながら走りたいと思います。

晴れたら良いなpenguin

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2012

四十にして惑わず

四十にして惑わず・・・

と、言いますが、最近いろいろ考えます。何が間違いで何が正しいのか・・・高校生まで17年くらいは普通親に育てられるのですが、この親というもが曲者で・・・自分も3人の子を持つ親でありますが、自分の決断が本当に子どもにとって良い導きになっているのか、自分の指導は間違っていないか・・この歳になっても父親で苦労しているだけに、最近特に悩みます。

大学生になって親元を離れるまで、自分も両親、特に父親の影響を相当受けていたと思われます。長男であり3人兄弟の真中である自分は、姉や弟を反面教師とし、怒られることもほとんどありませんでした。常に空気が読める人で、とにかく厳しい父のご機嫌を悪くしないことを考えていました。宿題しろとか、生活面で起こられることもほとんど無く、早起きが苦手という以外は特に困らせることも無かったと思います。

そんな自分がどうなったかというと、まあ主体性、決断力の無いことgawk大学生や社会人駆け出しのことは自分は決断力のある人だと思っていましたが、それって自分が決断しているんじゃなくて、何となく周りの空気を呼んでただけなんですよね。あとは、浅はかな知識による、決め付けとか思い込み・・・

子どもには絶対にそんな風になってほしくない・・・ではどうしようsign02

ん~、これまであまり本を読んだことがないので、勉強してみよう。
そして四十のうちには惑わない、決断できる親になろうと思いますpenguin

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2012

東京マラソンまで1週間

ついに、東京マラソンまであと1週間になりました。

昨年初めて東京マラソンに参加し、聞きしに勝る、すばらしい大会だったこともあり、この感動を妻にも味わって欲しい!!と、半ば強引に申し込んだONE TOKYOのペアの部・・・妻にとっては実は迷惑な話かもしれませんが、見事当選してしまいました・・・当選から約半年、なんだかんだ言いながら、それなりに夫婦で練習を重ねました。

妻は、10月のしまだ大井川マラソンで初の制限時間内完走(6時間50分)、元日には設定タイム10kmを70分を正確に走りきり、先日の第55回田沼意次マラソンでは、これまでの最速タイム10km63分台。とにかく参加することが目標だった東京マラソンで、楽しく走れそうなレベルまで上げて来れました。

3人の子育てをしながら、まあよくやったなあと今になって思います。あと1週間、是非万全な体調でスタートラインに立てることを祈ってます。あ~ドキドキheart02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2012

第55回田沼意次牧之原市マラソン大会

いよいよ、東京マラソンも1ヶ月を切りました。東京マラソンで夫婦揃っての完走を目指すプロジェクト真っ最中ですが、スタートブロックが最終ブロックだと、スタートラインを通り過ぎるのに20分以上かかる可能性があります。東京マラソンの関門時間は厳しいので、想定では9分/kmを切るペースで走り続ける必要があります。大体フルマラソンを6時間20分で走りきる走力が必要ということです。

昨年10月の第3回しまだ大井川マラソンinリバティでは夫婦で初の完走を果たし、6時間50分。あと30分縮めなければなりません。

東京マラソン前哨戦ということで、今年は第55回田沼意次牧之原市マラソン大会の10kmを選びました。本当は昨年同様森町ロードレース大会出場を、と思っていましたが、あっという間に定員に達したため、急遽こちらにしました。

制限時間が70分なので、7分/kmでゴールすれば、フルマラソンの目標9分/kmには十分な良い練習になると思ってました、が・・・最初の1kmが5分55秒なのに、既に最後尾にweep背後に大会運営の車を音を聞きながら走り続けました。さすがに、最後尾はプレッシャーを感じます。こんなにハイペース(?)で走ったことが無い妻は、既に息が上がっていましたが、最終的には平均6分20秒/kmで走りきり、63分13秒でゴールhappy01なんと、ブービーでしたrun

予想以上のハイレベルな大会で・・というよりは参加人数が少なく(参加した10kmは285人参加)、手作り感満載の非常にほのぼのした大会でした。ほぼ、ビリで走り続けたおかげか、スタッフや沿道の住民の応援が暖かく、妻にとってはありえない記録で完走できました。ゴール直前に買い物帰りらしきおばあちゃんが、自転車で並走してくれましたが、「あんたっちゃどこまで走ってきただね?遠くまで行ってきたずらね~。」と、普通のマラソン大会ではなかなか出来ない体験もしました。コースも走りやすいし、駐車場も広い、さらには、参加女性にガーベラの花束のプレゼントも・・圏内では有数のマラソンの実力校の藤枝明誠のトップ選手と勝負するもよし、田舎ののんびりした風景を楽しみながら走るもよしのお勧めのマラソン大会でした。penguin

これで、東京マラソン完走に一歩近づいたかなsign02

Photo開会式の様子。向こうに見えるのは相良資料館です。

2駐車場になっていた、相良サンビーチ。小さい頃、この辺に海水浴に来たな~。近くには御前崎のなぶら市場があります。海鮮丼食べたい~。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »