« 落ち込んだとき | Main | 父の日 »

June 23, 2011

草むらのサッカーボール

小学生の頃、自宅近くの細い通りで、毎日のようにパチンコ屋の壁に向かってソフトボールを投げていた。今考えるとそれが好きということなのかもしれないけど、当時は何も考えていなかった。

今、自宅に帰ると黄色いサッカーボールが前の空き地の草むらに転がっている。5歳の息子が毎日一人で遊んでいるみたい。

何となく、今やることは「ためになる」ことしようって考えちゃうけど、別にそうじゃなくてもいいんだよね。他のこと何も考えずにできることがあれば・・・奥さんは読書と食べること。長男は柔道とプラモデル作り。三男は何考えてるか分からないけど自由人。二男と自分の好きなこと、何なんだろうthink姉とも話すけど、二男は自分達に凄く性格が似ている。繊細で傷つきやすくて。心から好きだって言えるものを探してやりたいな。今、それが支えになるってことを凄く感じるからgood

それにしても5歳の息子(三男)、サッカーボールは空き地に、自転車は筋向いの家の前に(その家には犬がいてその犬と仲良しらしい)、門は開けっ放し・・・あの人の頭の中はどうなっているのかsign02数年前に、ちょっとしたことから「黒子のものみ」という人生相談みたいなことをやってくれる静岡県の西部の方では有名なおばあさんに話す機会があった。たまたま持っていた家族の写真を見るなり、「三男は大物になる」と何度も言っていた。5歳にして既にある意味大物。親の想像を絶する見事なやりっぱなしっぷり。自分で言うのもなんだけど、自分は柔道をやっている高校生の長男でも震え上がるくらい怒ると怖い人poutでも三男には全く効かない。

草むらのサッカーボールを見ると、怒るというより「またか・・・」とにやけてきて、その大らかな風景に少し心が癒される。今日も夜になって二男と草むらのサッカーボールを捜したsoccer

Photo
見よ!三男のムツゴロウさんばりの愛情表現を。この後ブタ(ぱんぱかパンツ)がよろけて係りの人に「乱暴はやめてね~」と注意されることに(^-^;
この天真爛漫っぷりがうらやましいpenguin

|

« 落ち込んだとき | Main | 父の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73547/52025452

Listed below are links to weblogs that reference 草むらのサッカーボール:

« 落ち込んだとき | Main | 父の日 »