« December 2009 | Main | April 2010 »

January 21, 2010

G27 Racing Wheel が気になる

男の子なら、きっと誰でも憧れる自動車の運転。自分の場合は実車を運転するなんて大それたことは考えられなかったので、とにかくゲームセンターにあるハンドル付きのレーシングゲームに憧れていました。実際はなかなかやらせてもらえませんでしたが・・・

プレイステーションで一躍有名になったグランツーリスモ。このゲームによって実車の運転感覚に近いドライビングシミュレーションというものが一気に身近になりました。PS2のグランツーリスモ3を購入し、GT Forceその後GT Force Proと立て続けに購入し、レーサー気分を味わいました・・・が、なにか少し足りない気がしていたのも事実です。

そして時が過ぎ、最近ではあまりゲームもすることがなかったのですが、たまたま見ていたAlfaromeoのディーラーのブログで「rFactor」なるゲームの存在を知りました。早速Youtubeで見てみると・・・

なにこれ、ゲームもさることながら、6速のマニュアルトランスミッション?ヒールアンドトー??
パソコン用のドライビングシミュレーター、rFactorやGTR2では当たり前のように使われているではありませんか!!(っていうかネットでは基本的にそういうものしかアップされていない)調べるとLogitech(日本ではロジクール)のG25とコントローラーだということを知りました。しかもG25には昨年G27と新機種が登場しておりました。

G27racing_2

ネットのプレイヤーは相当コアな人たちが数多くおり、シフトのフィーリングを本物に近づけたり、ステアリングを実車から移植したりと、実車のチューニングさながらです。動画を見ても運転感覚もGT Force Pro辺りとは比べ物にならないほどに実車に近そう。これは買うしかないlovely

しかしながら日本では並行輸入品以外販売されていません。多分PS3のグランツーリスモ5(GT5)の発売時期を目安として販売計画を立てているとの情報も。そうなるとGT5の販売が延期になったため、実際日本で正規販売されるのはいつになることか・・・それこそ自分で並行輸入したらと考えていろいろ見てみましたが、送料含めると結局は3万円台後半・・・結局下でポチっとしてしまいました。

「予約商品の価格保証」という制度で、「発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp の最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。」(詳細は以下バナーから)っというのもポイントです。アメリカで定価約299ドル、送料が電化製品だと130ドル位かかるらしいので、Amazon.co.jpでの価格は結構良心的だと思うのですがいかがでしょうか?いつ発売されるかは不明ですが・・・

冷静に考えるとこんなものに3万円以上!子供に車の運転を教えるとか・・・言い訳考えておかなければcoldsweats01当然金銭の余裕はないので、3年ぶりくらいでオークションに不要なもの(OAKLEYコレクション)を出品してしまいました。

ちなみにG25、G27ともにプレステのグランツーリスモでも使用できるようです(動作環境はご自分でご確認下さい)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2010

V6

ALFA156はV6エンジンにこだわりました。

では何故V6か?それは自分の憧れがフェラーリであったことが理由です。

アルファのV6がフェラーリに通じるというような内容の記事を雑誌や本で目にするたびに、V6への思いを強くさせました。その後、ALFA GTVのV6TURBOに試乗しましたが、排気量が2000ccであること、TURBOであることからか、フェラーリのイメージとは異なりましたが、ものすごく荒々しいエンジン音にそれまで味わったことがない、鳥肌が立つような感覚を覚えました。シングルカムということもあってか、回転が上がるにつれ刺激が溢れ、これはこれで良いな、と思いました。145のツインスパークにも試乗しましたが、比較すると自分にはV6が圧倒的に魅力的でした。

156が納車されるまで、156のV6は一度も見たことがありませんでした。実は県内でもはじめて位の納車であったようで、ディーラーの営業の方々もV6を見たのは試乗会で乗った以来だったようです。156のV6はGTVのV6TURBOとは全く印象の異なるものでした。ショートストロークのエンジンということでトルクよりは回転をあげて速度を稼ぐ性格でした。回すとどこまでもスムーズな感じで、排気量が2500ccもあるようには思えないほどでした。

「官能的」。よくアルファのV6エンジンを表す言葉としてよく使われる言葉です。ですが、自分には「官能的?」という感じでした。よい音が聞こえそうで聞こえない、遠くの方で聞こえるような気がするってな感じで、運転している自分ではあまりその恩恵にあずかることができませんでした。エンジンをかけたときの音も、何となく普通の乗用車っぽい音だし、まあアルファとはいえ、ヨーロッパではそんなにスポーティーなイメージで売っていないんだろうし、こんなもんかな?とフェラーリという言葉に踊らされていたというか、期待しすぎていた反動がはじめのうちはかなりありました。

しかし、転機が訪れます。あることをきっかけに、マフラーとセンターパイプを替えなければいけない事態になりました。マフラーはツイン出しということで写真で見る限りはあまり好みではなかったオーバーレーシング(現ソルパッサーレ)製、センターパイプも同じくオーバーレーシングを装着しました。格好は実際全く問題なく、綺麗な仕上げでむしろ良いと思いました。しかしその他は正直、期待外れ。爆音でまるでヤンキー車になってしまいました。

その後等長フロントパイプなるものがオーバーレーシングから発売されました。等長フロントパイプについてはアルファロメオの特集でMEXC-Sというメーカーのマフラーとフロントパイプをつけると、フェラーリのような(ここでも踊らされていた!)美しい音色を奏でるという記事を見たときから興味を持っていました。MEXC-Sは約15万円値段が高かったので踏み出せずにいたのですが、オーバーのは8万円とお手ごろ(この頃はもう金銭感覚が麻痺してました)だったので、思い切って付けてみました。

取り付けはディーラーでお願いしておいたのですが、その日はディーラーの営業が会社まで車を届けに来てくれました。普段はクールな営業の方も「これ、すごいっすよ!」と興奮気味に話しているので、帰りの道すがら試してみようと・・思う間もなく、エンジンをかけた瞬間から「え、何これ!!フェラーリ?」と正に自分が求めていた音を奏でていました。エンジンを回せば鳥肌が・・・音も、高回転の抜けの良さも。よくゲームでパーツを交換するとどんどん車が良くなってということがありますが、8万円で200万円分のパーツがついちゃった!と思うくらいの変化でした。音質もフロントパイプで爆音が高音系の快音に変化しました。

自分にとっては、この音だけで所有欲の80%以上を満たしてくれました。フェラーリが何台も置いてある駐車場の管理者や、走行会に行ったとき、会社の車好きの人やら、ツーリング、その他いろいろ、「この車良い音するね~!!」何度となくお褒めの言葉をいただきました。お褒めの言葉よりも、何より運転していて本当に気持ちよかったです。

今でもあの音が忘れられません。去年久しぶりにALFAを運転している夢を見ました。あのときの感動を久しぶりに味わうことができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2010

やっぱりアルファロメオ

1998年11月 念願のアルファロメオを購入しました。
モデルはアルファレッドのALFA156 2500cc,V6,6MT。

確か1998年5月に初めてディーラーへ。間近で見た黒の156は内装、外装とも自分が触れたことのない独特の世界観が表現されているようでした。それからアルファロメオのことを調べていくと、どんどん引き込まれ、8月にはオーダーすることになりました。それから納車までの3ヶ月は、頭の中はアルファ一色。夢にまで見るとはまさにこのときのことだと今でも思います。

ALFA156には4年半58000kmをともに過ごしましたが、その後、家族構成なども変わり、車も変わりました。会社で自分が乗っていたのと全く同じアルファがあるのですが、今では特に気にすることもなくなっていました。通い詰めたラテン車のパーツ屋さんの前も、ここ数年は横目で見ながらも寄ることもなくなっていました。

でもそれは、彼女を思い出さないように敢えて避けて通るがごとく・・・だったようです。こないだブログで書いた欲しいワゴン車にもアルファを入れなかったのもその通りだと思います。159やブレラが雑誌で乗っていても、これまで全く読みませんでした。

しかし年末年始家に缶詰状態となり(家族みんなでインフルエンザ)アルファのことをついに調べてしまったのです。もう I can't stop loving you. な状態になってしまいました。156に乗っているときに知ったのですが、自分が始めて買ってもらったラジコンはゴードン・マーレイのブラバム・アルファF1だったのです。ちょっとこじつけもありますが、アルファロメオには運命を感じています。

乗るんだったら、やっぱりアルファロメオ!

と、いうことで、これからはしばらく回想録も含めてアルファロメオネタで押してみようと思っています。156乗り出した当時は今の奥さんも、まだ奥さんも今よりも10キロ以上痩せていた広末涼子似(言い過ぎましたcoldsweats01)の彼女でした。当然アルファ大好きです(だと思います、多分・・・)。今日、これからお金をためてアルファを購入することを夫婦間で合意したので、決意もこめて、本年もよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | April 2010 »