« May 2009 | Main | August 2009 »

June 04, 2009

「時」というのはどんどん過ぎていくわけで・・・

3人の子供の親、しかも3人とも男だったら、なおさら感傷に浸っている時間なんてない・・・普通は。しかし私は幸いにして、夜勤がある。すなわち次の日ともなれば、平日の昼間なのに一人でのんびり、も可能なのである。実際は疲れて寝てしまうことがほとんどなのだが、夜勤明けはやけに気分の起伏が激しい。多分夜勤の疲れも原因だと思うが、会社の広い空間に一人で仕事をしていると、何となくいろんなことを考えてしまい、それを引きずっていることも要因なのではないかと最近気づいた。

ふと、気付くと子供もあっという間に成長し、それと同時に自分も年齢を重ねている。普段は生活することに精一杯でときの流れなんか気にしている余裕もないけど、夜勤で一人・・・20年前だったり、10年前だったり、5年前だったり、ふと過去を振り返る。

ひたすら前を向いてがんばり通している人もいるけど、自分のがんばりの源は実は過去に対する後悔の念だったりする。自分は自分勝手で物言いがきつく、周りの人を傷つけてしまう。今でも同じだけど、過去を振り返りいろんなことを思い返す・・・自分には非常に大切な時間である。

時が経っても自分は絶対に変われないって思っていたけど、自分と同じくらいわがままな奥さんと結婚して変わってきたと思う。自分に対してこれだけはっきりいろんなことを言ってくれる人って、今までもこれからもきっと現れないんじゃないかと思う。

これまで、二人でデートしたことがほとんどないけど、将来その「時」が来るのを密かに待ってます。

あ、ちなみに私は、子供の保育園では「○町の山崎まさよし」と言われ先生の間ではちょっとした人気者でした(奥さん談)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | August 2009 »