« 成田まで日帰り往復 500km | Main | 病気は治らない? »

August 28, 2006

アルファードで家族旅行

先日、アルファードをレンタルして家族旅行に行ってきました。自分のグランドハイエースが7人乗りで、旅行には8人乗車の車が必要になったため、泣く泣く近所のレンタカーやで比較的安くレンタルできることを知り、借りることを決めました。グレードはアルファードGのAXというもので排気量は2400ccです。レンタカー屋さんのご好意で48時間23000円というこのクラスでは格安でのレンタルができました。
普段グランドハイエース(3400ccガソリン車)に乗っているものが感じたアルファードのカーグラ風に感想を書きたいと思います(ちなみに、グランドハイエース以外では、前エスティマ、前エルグランド、イプサムでの遠出経験ありです)。

アルファードG AX(FF/4AT)8人乗り

予想外の軽快感

アルファードの2400cc、自分の薄っぺらい知識では前エスティマの2400ccに上ものだけを変えたモデル・・・前エスティマで遠出した経験があることから、借りる前から大体の車の印象は想像できました。しかし、今回のアルファード良い意味で期待外れでした。街中での印象は大変軽快感があり、グランドハイエースで感じるアクセルを踏むことの後ろめたさみたいなものを、ほとんど感じなくて済む程軽い感じを醸し出していました。高速でもエスティマで感じたフニャフニャ感もほとんど感じることもありませんでした。この辺はエスティマからアルファードと長い熟成期間によって煮詰められた部分かもしれません。これは、なかなか良いぞ・・・3400ccの車に乗っていながらにして、3000ccは必要なのだろうか?とさえ思えました。

【車内&荷室空間】
(インパネ+装備)・・・★★★
今では当たり前ですが、マニュアル式のATは使いやすいと思いました。インパネも癖がなく(芸もなく)見やすいし、装備も大して豪華ではないけれど、必要にして十分。荷室に折りたたみ式のベビーカーを積んでも3列目でも大人が窮屈な思いをすることなく座れます。グランドハイエースに比べると着座位置が低く、乗用車からの乗換えでも比較的慣れるのは容易であると思います。
(前席)・・・★★★★
グランドハイエースでは一番窮屈な思いをしている(と言われているがもう慣れた)前席であるが、それと比べると初めは異常に思えた着座位置(視線)の高さもなく、ちょうど乗用車との中間くらいの感覚で運転できました。
(2列目)・・・★★★
普段グランドハイエースの2列目、3列目を利用している者がしきりに狭いと言っていました。前から見る限り、足元や頭上の空間にも余裕があり、垢抜けた室内は大変余裕があるように見えましたが、後で気づいたのですが、左右のドアが上に行くにしたがって中央にシェイプされているところがそのような印象を与えていたようです。自分のグランドハイエースは2列目がキャプテンシートであるため多少その辺の印象の違いもあるかもしれません。ただ女性二人がそのような印象を語っていたのも事実ですので、参考にはなるかもしれません。
(3列目)・・・★★★
エアコンも良く効いている様子でした。ただ、後ろのエアコンをOFFにしていても寒いといっていました。

【ドライブフィール】運転してみると?
(エンジン+トランスミッション)・・・★★★
エンジンはパワフルとまでは行かないまでも、前述のとおり大変良い印象でした、途中までは・・・その印象を一変させたのは坂道でした。高速道路、街中を問わず少し急な坂道に差し掛かると、シフトチェンジが頻繁に繰り返され、音量そのものは防音材によって抑えようとしているのは分かるのですが、高周波音が大変耳につくのです。伊豆高原の坂道では2速でも減速して、結局1速、2速の繰り返しが頻繁で同乗者もその音にびっくりしていました。ここに3000ccの意義を見つけました!?坂道で相当ポイントを落としましたが、燃費やその他のことを考慮すると十分なのかもしれません。ただ、自分的には坂道以外でも小さいながらもその音質が気になりだしたら、止まらなくなってきて、結構精神的な疲れにつながりました。昔も所有していた車の不満点が「音」ということがありましたが、長時間運転していると、音による疲れは結構あると思っています。自分はこの車は所有できないと思いました。ただ、よくネットで書かれているような「非力」という感じはありませんでした。高速の合流で流れに乗れないようなことは絶対と言っていいほどありません。合流口寸前まで40km/hとか書いてある標識を守っていれば別ですが・・・
(乗りごごち+ハンドリング)・・・★★★★
ミニバンという性格を考慮すればよくできていると思います。FFですが、アクセルをある程度踏みながらハンドルを切っても向いている方向に素直に切れ込んで行きますし、エスティマで感じたような極端なフアフア感もありませんでした。ただハンドリングはダルな感じで、コーナー進入で切り角が足りないことがありました。穏やかな性格付けになっているようです。
(その他)
ブレーキは正直怖かったです。右ハンドルのアルファロメオみたいでした。分からない人のために(ほとんどの人が分からないと思いますので・・・)書きますと、100メートル先で止まるにはこのくらい、と予想してブレーキを踏むのですが、予想が外れて最後に踏み足す、というようなことが何度もありました。長年車を運転しているとその辺の感覚はすぐに乗る車によって変えられるのですが、どうもその感覚がつかみづらい感じがしました。この辺は重要な機能ですし、個体差の可能性もあるので参考程度に・・・

【最後に】
広いミニバンが欲しい方、格好が好きな方にはお勧めできます。家族みんなでのんびりドライブ、スキーやキャンプのアウトドアにもドアにもどうでしょうか?車中の着替えも難なくこなせます。室内が垢抜けていると感じたのは多分頭上空間の広さだと思います。その辺は結構使いやすそうかも・・・自分は2400ccは買えないかな・・・と思いましたが、かと言って3000ccも買う気になりません。やっぱりミニバンにハイオクガソリンはどうかな?とかんじてしまいます。自分にとってはミニバンは道具的な要素が強いので、必要以上の高級感の付加は逆に拒否反応を示してしまいます。今度エリシオンに3500ccのエンジンを載せるという話をどこかのネットで見ましたが、アメリカの現行アデッセイ辺りは気になります。エリシオンに乗っけるんじゃなくて、それ(USオデッセイ)を右ハンドルにして輸入すればよいのに・・・
まあ、それはさておき、軽量化かコストダウンの影響かは不明ですが、右側のスライドドア辺りや、運転席前方辺りからたまに異音がするのは気になりました。別にグランドハイエースの重量感が良いとも思いませんが、過剰なコストダウンや軽量化が走行性能や安全性に悪影響を及ぼさないように、自動車メーカーにはこれからも良い製品の開発に力を注いで欲しいと思いました。

走行状態:市街地(2):山岳(2):高速(6)
走行距離:約300km
使用燃料:約35L
参考燃費:8.6km/l

|

« 成田まで日帰り往復 500km | Main | 病気は治らない? »

3.車全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73547/11657007

Listed below are links to weblogs that reference アルファードで家族旅行:

« 成田まで日帰り往復 500km | Main | 病気は治らない? »