« October 2005 | Main | December 2005 »

November 21, 2005

新型 RAV4 にも乗ってきた

昨日、トヨタ自動車の新型RAV4に乗ってきました。先日アウトランダーに試乗し、本日RAV4に乗ることになったのは、父(60うん歳)がそのクラスのSUVを狙っているため、連れ出されてのことです。正直、自分にはあまり、興味のない車ではあったのですが、想像していたよりも、良い部分もありました。自分にとっては、アウトランダーとの比較には疑問もあり、結果想像通り、全く印象の異なるものでありました。以下、感想(アウトランダーとの比較も含めて)書きます。

・スタイルはヨーロッパ風でおしゃれな感じ

 正直、これまでのRAV4のイメージがあったので、60も後半の人が乗るの?という印象は持ちましたが、落ち着いていて、「好きならいいんじゃない?!」というレベルに納まっていると思います。個人的には好きな形です。ただトヨタの車って、「何かに似ている?」感が漂っていて、この車もそこかしこに、それっぽさをちりばめてありました。それが、見る人に落ち着きを与えているのかもしれません。後ろのライトがレガシーっぽかったり、前が・・・まあ、色々見てみてください。ただ、言い換えれば、最近の流行を取り入れたオーソドックスなスタイルといえると思います。悪くないです。

・元気な感じ(実際元気だった)

 トヨタが誇る(?)2.4リッター2AZ-FE VVT-iエンジン。アルファードや、ハリヤー、エスティマなど、いわずと知れた堂々たる販売実績を誇る中型・大型乗用車に採用されているエンジンを搭載しています。お値段的に高めの車に採用されているため、ユーザーもわがまま(失礼!)な方が多く、これまであまり評価されていませんでした。特にスムーズ感にかけるガサツな音とエンジンの回り方が、不評でしたが、これがRAV4に採用されるに当たり、かなり念入りにチューニングされたらしく、エスティマとの比較で160馬力/5700rpmが170馬力/6000rpmとなっています。それでいてトルクもちゃんと確保しています。アルファードで試乗したときには「!?X」な感じでしたが、0.5トンも軽いRAV4では本当に元気に加速し、不思議と音についても以前のエンジンと同じとは思えないほど嫌味のない音でした(アウトランダーよりもビート感があった気がします)。これは良い!と思いました。CVTもアウトランダーとちょっと印象が違って、こちらの方がダイレクト感を受けました。アウトランダーに比べ100kgほど軽い重量と、CVTやスロットル開度などの味付けの違いですが、街中で走る限り、多分多くの人はこちらの方が良い印象を持つんだろうなと思いました。RAV4はCVTに7速マニュアルモードがついています。CVTに7速って昔(数年前)フィアットプントという車で乗ったことがあるのですが、たしかあれはアイシン製でした。これもトヨタということで多分同じと踏んでいるのですが、あの時同様好印象でした。ただマニュアルモードはアウトランダーと違い左手でしか行なえません(パドルなどはない)。父は慣れれば問題ないと思っているようですが、これまで、RAV4タイプのマニュアルモード付きの車に乗っていたことがある自分としては、やはりパドルの方が数倍楽チンと思えました。

・メーターパネルについて

 トヨタの若者向けの車はなんで不思議なメーターが多いのでしょう?マニュアルモードにしたときのギア数字がかなり小さく表示され、老眼の父には見えないのではないか?!と思いました。

・後ろの座席は結構小さめ

 後部座席は座面が短めで、ヘッドレストを上げない状態だと、170センチの身長でも頭を支えてくれません。後ろの座席を畳むことも考慮されてのことだと思いますが、あまり長距離でここにいたくないと思いました。

・小回りが効く、その代わり・・・

 ハンドルがこの手の車にしてはクイックで、小回りが効きます。街乗りでは本当に扱いやすいと思います。車の全長が短め(ホイールベースも)であるのがその要因だと思います。しかし、ここの部分がアウトランダーと最も違いを感じた部分なのですが、荒れた路面を走ると結構「ぴょこぴょこ」的な細かい跳ねを感じました。重量が比較的軽く、足回りをしっかりさせるとどうしてもこういう傾向になりやすいとは思いますが、ホイールベースで10cmほどアウトランダーより短いだけで、アウトランダーは、直進性のよさを感じたのに対して、こちらは基本的には安心して走れるのですが、多分(相当なスピードで)飛ばしたら緊張するだろうなあという印象を持ちました。

・ちょっと疑問

 RAV4のトレードマークの後ろのサブタイヤ。これのおかげで純正でバックモニタの仕様がありません。このタイヤがRAV4のイメージ形成でとても大事なものと判断されてのことらしいのですが、重量物をオーバーハング(フロントタイヤより前、リアタイヤより後ろ)に配置することって、運動性能を考えた場合、最もやってはならないこととしていまや常識となっています。外国仕様ではサブタイヤ、この位置にないらしく、カタログでもオーバーハングの外には重量物を置いていたいことを明記してあるという噂を聞いたのですが、これが本当だとすると完全に日本人を馬鹿にした設定だと思います。これってメーカーだけの責任ではなく、何を購入するにしてもユーザーがちゃんとモノを理解せずに平気で買う日本人の性質も大きな要因だと思います。そこまで考えるとやっぱり外車が良い!っていう所に行き着いてしまったりします。

ちょっと皮肉っぽく書いた部分もありますが、RAV4も印象は大変良かったです。自分の家族構成などを考えると購入することはないのですが、2人でスキーに行くなどの用途にはうってつけだと思います。街乗りでも持て余すことがないコンパクトなボディーと、トルクフルなエンジンで不満は感じないと思いました。ただ、雑誌でもアウトランダーと比較されているのを見ましたが、この2台まったく向いている方向が違います。アウトランダーはツーリングカーとしての資質が強いと感じましたが、RAV4はそれに比べ都会派なんだろうと思います。後ろのタイヤに関しても走行性能に限っては、さほど気になりませんでした。むしろ、これによって後ろのタイヤの跳ねも少し落ち着いているのかもしれません。このメーカーの帳尻合わせはやはり天下一品だと感じました。

(全長が・・・)コンパクトで小回りが効くSUVをお探しでしたら、お奨めの一品です

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 12, 2005

黒の自動車

黒の自動車、今、人気あるみたいですね。車種にもよりますが、アルファードなんかだと、中古相場でも一番引き取ってもらえるのが黒だそうです。

そういえば、昔、黒というと格好よいけど、最も汚れが目立つ色として敬遠する人が多かった。実際汚れている車を見ることが多かったのですが、最近の黒い車って、さほど汚れている車がないように感じます。今は、自分も属する一般市民が、昔では考えられなかったような大金はたいて車を買う時代です。若い人達は、年収以上なんていうのも目面しくないと思います。そういう思い入れの強い車ですから、きっときれいに洗車しているのも想像に難くありませんが、それと同時に、新車で購入するときに今では当たり前になった、塗装への「コーティング」、この効果が大きいように思います。

私も自動車が好なので、きれいな車を見ると、とても気持ちの良いものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2005

Nikon D200

以下「Nikon Imaging」より

=========
有効画素数10.2メガピクセル、新開発のニコンDXフォーマットCCDセンサーと、
ニコン独自の画像処理システムにより高画質を追求。そして、5コマ/秒の高速
連続撮影と、電源を入れてから、世界最速の約0.15秒で撮影が可能になるクイ
ックレスポンスを実現。撮影者の感性を触発する、本格デジタル一眼レフカメ
ラ、ニコンD200の誕生です。

また、多彩な撮影条件に対応する、新開発の11点測距AFシステムをはじめ、高
解像度・広視野角2.5型液晶モニターや、見やすさを追求した倍率0.94倍のファ
インダーを装備するなど、使いやすさも充実させました。
=========

Canon 20D所有により購入はありませんが、非常に興味あります。
楽しみです。12月16日発売予定、楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »