« June 2005 | Main | August 2005 »

July 23, 2005

905TとSRIXON Z-UR

タイトリストのドライバー905T、しばらく使用してなんとなく自分なりにイメージがつかめてきました。好みや相性があると思いますが、自分の使用前の予想に反して、前ドライバーの983Kよりも使いやすい感じがします。一番良いと感じるのはコントロール性能で、構えたときからストレート系のボールを打つイメージを持ちやすいと感じます。983Kは構えたときからドロー系をイメージさせられる感じがあったのですが、905Tであればフェードを打つのにも構えやすいと思います。実際打ったときも引っ掛け気味の球はほとんどなくなりました。はじめは右に抜けやすいと感じましたが、引っ掛けを意識しなくなってからは素直な球筋になってきたため、アイアン(690MB)とのコンビネーションも良くなったような気がします。

ところで、先日のラウンドのときに、「ツアープロも驚嘆!」のダンロップSRIXON Z-URを使用してみました。
最近使用していたタイトリストのV1やV1xよりも打った感触が軽く、音も芯を食わなくても芯に当たったような音がします。しかし芯を食っていないときはやはり飛びもそれなりです。さらに芯を食ってもすごく飛ぶという「驚嘆」はありませんでした。V1やV1xは飛ぶなーという印象があったのですが、ドライバーの飛びにしても、アイアンでのスピン性能についてもタイトリストのクラブとSRIXON Z-URの相性はあまり良くないと個人的には思いました。途中でTOURSTAGE X-01に替えてみましたが、こちらの方が相性は良かったです。ただSRIXONも弾道は高く自分好みなのでボール自体の印象としては決して悪くありません。次も試しに使ってみたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2005

7月7日納車、感想・・・

IMG_3012
7月7日、グランドハイエースがめでたく納車されました。グレードは車検証によるとリミテッドというグレードで両側スライドドアに左側にはパワースライドドア、コーナーセンサー、バックカメラ付きDVDナビ、などが付いています。グランドハイエースのリミテッドには、ただのリミテッド、リミテッドエクセレントエディション、リミテッドプレステージエディションという3グレードがありますが、自分のは本皮シートではないので、プレステージエディションでないのは分かりますが、正確にはリミテッドかエクセレントエディションか不明です。多分エクセレントエディションみたいですが、インターネットで調べても、カスタマイズの情報ばかりで基本情報が書いてあるページがほとんどありません。これまで、自分が乗っている車では意外と基本情報を書いている人が多くて、カタログやメーカーのホームページ見れば分かるのに、何の意味があるのか?と思いましたが、販売が終了している車に関しては、それらの情報の価値が俄然高くなることが分かりました。今度自分の車の装備などこのブログでアップしてみようと思います。
ところで納車後約500km走行の感想ですが、広々感にかなり満足しています。走行性能もブレーキなど基本的な部分に不安はないので、自分が2トンの車を運転しているという意識を持っていれば、逆に安全に走る意識も手伝って、なかなか快適に走れます。以下に同乗者に快適に乗ってもらうか、まさに気分はバスの運転手です。早く走るのも技術ですが、快適に走るのも技術の一つです。これからは後者の技術を磨いていきたいと思っています。燃費は遠出の高速走行が半分ほど含まれていますが、全開ガソリン満タンにしてから400km走って、いまだにエンプティーサインが付いていません。ガソリンタンクは75リッターですが、多分6km/l以上(7km/l近く)は記録していると思われるます。これは予想以上の高記録(低燃費)!!家族でのドライブがますます楽しみになりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2005

SIGMA 18-50mm に異常発生!

Canon 20Dとの組み合わせて重宝していたSIGMA 18-50mm F2.8 EX DCですか、昨日行楽のお供に携帯したところ異常が発生しました。それは某サファリ公園でのことです。車内から動物を撮影しようとしたところ、撮影モードは絞り優先だったのですが、ファインダーがやけに暗くなり晴天であるにもかかわらず、シャッタースピードが5分の1とかスローのまま(ISO感度400)しかもフォーカスが決まらず、シャッターを下ろすことができませんでした。本体の電源を切り、再起動、またバッテリーを一度抜いてみても復帰しなかったので、一度レンズを外し、再装着してみたところ見事に復旧。これで一安心、やっぱり機械モノはバグったら再起動に限る!なんて思っていたのもつかの間、1~数枚撮影すると同事象が発生。最後には数回レンズをはめ直しても復旧しなくなりました。レンズを同じくSIGMAの55-200mm F4-5.6 DCに替えると問題ありませんでしたので、18-50mmの故障は明らかです。後日購入店に持っていきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 11, 2005

気が付けばガソリン・・・

「見るだけ」試乗から1週間、先週は正式な金額が決まっていないということだったので、とりあえずその車がいくらくらいになるのか目安の為にお値段を聞きに行って見ました。
この1週間でディーゼルと同じくらいの値段だったらガソリン車でも良いかな?!という気持ちも3割位に膨らんでいました。理由は、とりあえず規制について考えなくても良い、あとは1KZ-TE(ディーゼル)が非常に静かでパワフル(トルクフル)なエンジンといっても、静粛性・低振動性についてはV6ガソリン車にはかなわない、ディーゼルの出物がなかなか無い、というところです。うちの奥様は非常に車に酔いやすいのですが、奥様に言わせると大きな揺れ以外にも微振動というのが結構効くらしいのです。結局はなんでもそうなのですが、肯定しようと思えば何でも都合のよい理由をつけられるのですが、ガソリン車について、そういう理由をつけ始めた時点で3割といわず結構な割合でガソリン車でも良いかな・・・と私達は考えていたのだと思います。
問題のお値段ですが、ETCをつけて当初予算の30万円プラスになりました。先週より10万円ほど安い価格です。30万円予算オーバー・・・ですがこれとて買おうと思えば何とでも理由がつけられる価格差でした。例えば、今年中に車検があったエアトレック、その車検費用を考えれば、その費用を差し引けば10万円は差し引きできる(30万円オーバーの中に車検代も含まれる)、エアトレックが予想よりも少し(15万円程度)高く売れた、これでほぼ金額的にも「想定内」、おまけにトヨタの3年保証(正直中古車で3年保証は驚いた!!)、めでたしめでたし。と、なんとその日に決めちゃいました。
2ヶ月・・・ディーゼルについて色々調べたのは何だったのだ?!と思いながらも夫婦共々ちょっぴりワクワクのミニバンオーナーになることが決まったのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 07, 2005

なかなか出ないディーゼル車

H12以降のグランドハイエース、グランビアのディーゼル車を探してみると、5ドアでパワースライドドアがついている車の自動車オークション出品(USS)が思いのほか少ないことが分かりました。と、いうよりほとんどありませんでした。やっぱり、ディーゼル選ぶ人ってそれにこだわって選んでいるためか、なかなか手放さないようです。グランドハイエースの場合で、ガソリン:ディーゼルの販売比率は3:1位だったようですが、それにしてもディーゼル車なかなか出ません。ネットや雑誌で探してみると、ディーゼルの方がオークションの落札時点では30万円以上相場が低いといわれている割には、販売価格はそう安くありません。同クラスミニバン(LLミニバン)の現行モデルであるアルファード、エルグランドではご存知の通りディーゼルエンジンの設定がありません。それも販売価格が下がらない原因でもあるようです。ネットで良さそうな物件が出てもあっという間になくなります。
そうこうしているうちに、トヨタから「ガソリンエンジンという以外はすべての条件がそろっている車が入ったから、一度是非見に来てください」と電話が入りました。お値段は上限予定価格+40万円であったことから購入することはまったく頭に浮かびませんでしたが、とりあえず現物を見たこともなかったので見に行くことにしました。実際試乗までしましたが、思ったよりもガソリン車でもトルクがある感じで好印象。一応次の日は家内と来る約束をしてお仕事に向かいました。家内にはディーゼル車のメリットを散々説いていたので、ガソリン車は「見るだけ」と強調して次の日・・・。エンジンどうこうよりも、車のイメージをつかむのが目的だったので、運転は店員さん、家内は2列目、自分は3列目に座っていざ出発。これでさらに好印象。と、いうのは人を運ぶ「バス」だと割り切っての感想ですが(普通の乗用車や自分の好きなスポーツカーとの比較ではなく)、ちょっと速めのペースで街中や幹線道路を走ってもらいましたが、極端に車に弱い家内でも2列目であれば全く平気な様子。ゆれの大きめな3列目でも昔3列目を経験した初代オデッセイよりもむしろ良い感じ(抽象的ですが・・・)でした。広々室内の実用性にこの乗り心地なら、少なくとも自分たちの想像を逸するようなネガティブな部分はほとんどありませんでした。
好印象のまま「見るだけ」試乗は終わったのですが、この「見るだけ」が運命の分かれ道だったことは、そのときは知る由もありませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2005

いざディーゼル!?

自分の車の使い方、年間8000kmの走行のうち半分弱が通勤や子供の習い事の送り迎えという、いわゆる街乗りです。グランドハイエースに当てはめて、自分の年間経費を考えると、ガソリンとディーゼルで大体8万円前後ディーゼルの方が安いことが分かりました。そういう経費的なこともさることながら、ディーゼルの方が、VSC(Vehcle Stability Control)、TRC(Traction Control)などの電子制御装置が装備されていることも分かって、それが必要かどうかは別として、ますますお買い得感を感じました。
いよいよ、ディーゼル車に心を決め、いざ探してみることにしました。燃料以外の条件としては、小さい子供がいることから機能的な部分で、両側スライドドア(5ドア)、できればパワースライドドア付きです。トヨタ、エアトレックを買取してもらうことになった三菱、ネット、オークション代行、知り合いの自動車パーツ屋など、いろんなところで探してみました。ディーラー系には条件を伝え探してもらい、あとは自分でオークション代行のことを調べました。USSという日本最大級のオークションでは、個人のユーザーでも毎日全国の会場で出品される自動車が分かります。出品票のような詳細情報は個人で見ることはできませんが、三菱系のお店に出品番号を伝えることによって出品情報を教えてもらうことができました。またネットで探したオークション代行の会社では、希望の条件を伝えると落札価格(落札相場)を教えてくれるというサービスもありました。ためしに、H12~H13のグランドハイエースのリミテッドで相場の問い合わせをしてみると、ディーゼルで150万円前後、ガソリンで180万円前後、それにオプションなどの装備が加わるとプラスされていくような感じみたいでした。ディーゼルなら結構安く(コミコミで180万円くらい)で何とかなりそうな感触だったので、あとは良いものを探すのみでした。USSでは毎週全国で約50台くらいのグランドハイエース、グランビアでもH12以降で20台程度は出品されていることを知りました。これだけ出品されていれば自分の希望に合うものもすぐに見つかるのでは・・・と期待していました、が・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »