« 905T、入手したけど・・・ | Main | 905Tで初ラウンド »

May 13, 2005

Titleist 905T ファーストインプレッション

本日久しぶりにゴルフの打ちっ放しに行きました。タイトリストの905Tを入手してから、なかなかゴルフの機会がなかったのですがやっとのことで先ほど行ってきました。と、言っても1ヶ月以上もクラブを握っていなかったので、正直あまり書けることはないのですがそれでも前モデルの983Kとの比較で感じたことをいくつか挙げてみたいと思います。スペックはロフト9.5度、スピーダーSフレックス45インチです。ちなみに比較の983Kもロフトシャフトのスペックは同じです。

・よりメタル(チタン)ぽいフィーリング---983Kではなんとなく鈍調な感じ、昔で言えばメタルドライバーが世に出てきたときにパーシモンの方がフィーリングが良いと評価されていましたが、983Kがそのときのパーシモンの感じ、905Tがメタル的な感じがしました。
・ヘッドが軽い感じ---983Kではずっしり重い感じがしましたが、905Tそういう感じがありません。ヘッド容量は大きくなっていますが重さ的にも見た目にもあまりそれを感じさせません。
・ひっかかりにくいかな?---左に引っかかりにくくなっている感じがしました。983Kはどちらかというと自然にドローが掛かる、ミスると引っ掛けが出ましたが、905T、今日打った感じでは引っ掛けにくく曲がりも少ない感じがしました。前述の、「よりメタルっぽい」に関係しているのかもしれませんが、球離れがはやく横方向の回転が伝わりにくいからですかね?今のクラブは設計技術が進化しているので球離れが少なくても、重心位置を思い通りに制御することで縦方向の回転数や弾道はコントロールできるようになっていると思います。その結果がこのクラブということでしょうか。

 他にもシャフトが深い(と言っていいのでしょうか?)スルーボアになっているので同じスピーダーのシャフトでも結構ハードに感じるのでは、と思っていましたが、シャフトに関してハードという感じはありませんでした。フィーリングはメタルっぽいと書きましたが、それでもクラブの見た目、振った感じのバランスは905Tのほうがより好感が持てましたし、十分フィーリング的にも良いものだと感じました。人によっては、というかもしかしたらほとんどの人が905Tに良い評価を与える可能性もあると思います。
 今日はとりあえずこんな感じです。次回行ってみたら、全然違う評価になってしまうかもしれませんが悪しからず・・・

|

« 905T、入手したけど・・・ | Main | 905Tで初ラウンド »

6.GOLF」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73547/4102692

Listed below are links to weblogs that reference Titleist 905T ファーストインプレッション:

« 905T、入手したけど・・・ | Main | 905Tで初ラウンド »