« SONY OPEN | Main | 983K シャフト別インプレッション »

February 03, 2005

Titleist 983K

peng003巷では、タイトリストの次期ドライバーの話もちらほら出始めております。実際使用を始めているツアープロもおります。こんな時期(いまさら)ではありますが、983K(US仕様)をシャフト3種類でインプレッションします。この983Kというドライバー、ツアーでもTaylorMadeの「r7 quad」とならんで大変多くの選手が使用しています。形状は洋ナシ型で構えてみると365ccという容積の割には大変大きく見えます。これはシャローフェース(フェースが上下方向の厚さがない)であることが理由です。フェースの向きはストレートというより、どちらかというとオープンにも見えます。ドローを打ちやすくするセッティングだと思います。全てヘッドは9.5°でシャフトはS-flexです。とりあえずシャフトのスペックは次のとおりです。インプレッションは順次書いていきます。フジクラSPEEDER--長さ45インチ、トルク3.0、重量78g、キックポイント先中調子。この983Kというクラブはどちらかというと、アスリートゴルファーと言われる人の使用が多いクラブだと思いますが、そんな中で一番使用率が多いシャフトはこのシャフトです。グラファイトデザインYS-6--長さ45インチ、トルク3.6、重量63g、キックポイント中調子。このシャフト、SPEEDERと比べるとトルクも少なく重量も軽いため、簡単に打てる、というイメージがあるようですが、果たして・・・プロも使用している信頼の置けるシャフトです。最後はカスタマイズシャフトグラファイトデザインYS-7--長さ44インチ、トルク77g、キックポイント手中調子。YS-7はアメリカではカスタムシャフトとして人気があるようです。さまざまなヘッドとの組み合わせでツアー使用されています。

|

« SONY OPEN | Main | 983K シャフト別インプレッション »

6.GOLF」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73547/2790740

Listed below are links to weblogs that reference Titleist 983K:

« SONY OPEN | Main | 983K シャフト別インプレッション »