« EOS KissデジタルN | Main | NIKON D50?? »

February 19, 2005

EOS KISSデジタル 新旧比較

 
旧 EOS
kiss Digital
新 EOS kiss Digital N
EOS 20D(参考)
撮影エンジン
DIGIC DIGICII DIGICII
撮像画面サイズ
22.7×15.1mm 22.2×14.8mm 22.5×15.0mm
画素数
約630万画素
(3088×2056)
約800万画素
(FullSize画素数3456×2304)
約820万画素
記録フォーマット
DCF
(Adobe
RGB時を除く)
DCF2.0 DCF2.0
インターフェース
USB USB2.0 Hi-speed USB2.0 Hi-speed
フォーカシング
スクリーン
固定式
全面マットスクリーン
固定式
プレシジョンマット
固定式
プレシジョンマット
ISO感度
応用撮影ゾーン
ISO100,200,
400,800,1600
左同 ISO100~1600
(3200まで拡張可能)
連続撮影速度
約2.5枚/秒
連続最大可能枚数4枚
約3コマ/秒
連続最大可能枚数14枚
約5コマ/秒
連続最大可能枚数
23枚
撮影可能枚数
常温
ストロボなし:約600枚
ストロボあり:約400枚
左同 ストロボあり:約700枚
起動時間
約2.8秒 0.2秒 0.2秒
大きさ
[幅×高さ×奥行き]
質量(本体)
142×99×72.4mm
560g
126.5×94.2×64mm
485g
144×105.5×71.5mm
685g
以上Canon HPより

---スペックから見た印象---

【撮影エンジン・撮像画像サイズ・画素数】
EOSデジタルも新型になり最近の高機能デジカメの数値的な基準ともいえる800万画素を達成しました。800万画素が必要かどうかは別の方にその議論を譲るとして、やはりコマーシャル的には800万画素は大きな武器になってくると思います。ただ、気になるのは旧型の630万画素から800万画素への大幅な画素数アップを図りながらも、撮像画面サイズが小さくなっていることです。デジタルカメラはその撮像画面で受けた光をデジタル信号に変換するわけですが、根本となる光のエネルギーは大きければ大きいほど有利となります。例えば同じ面積の受光体があったとします。それを4分割、16分割した場合(その分割したものをデジカメの画素といいます)、全体で受ける光の総量は同じですが、一つの画素が受ける光の量は分割に伴い、4分の1、16分の1となっていってしまうわけです。このたびのモデルチェンジにおける画素の面積は旧型と比較し約76.4%となり明らかに受光には不利に思えます。しかしそこはキャノン、先に発売されている20Dを見ても分かるように、その対策に抜かりはありません。DIGIC IIという秀逸な撮影エンジンの開発により、そのネガティブな部分を感じさせないであろうことは想像に難くありません(期待の部分も大きいのですが・・・)。このエンジンの優れているところは、より少ない情報を、高感度に感知し処理できることになったということ以外にもその信号を高速に処理できるようになったことです。高速処理は撮影エンジンのみの影響ではないのですが、スペック表からの単純比較で、(800/630)×(3/2.5)≒1.5倍の高速処理化に成功しています。このエンジンDIGIC IIはデジタルカメラのコンパクト化・高品質化・高速化(デジカメ3のK、Kが違いますが気にしないように!)に大きな功績・・なんていうと昔のものみたいですが、本当に大きな影響を与えていると思います。
【記録フォーマット】
記録フォーマットはDCFからDCF2.0にバージョンアップしました。DCFはDesign fule for Camera File system といって、デジタルカメラで撮影したデータをプリンタとか、他のデジタルカメラで見たり(いまどきのデジカメは違うデジカメで撮影した画像も液晶で見ることができますよね)とかといった異なる機器間でも使用できるように決められた規格です。(ちなみにExifはそのデータに付随する撮影情報、レンズ情報、撮影色空間の情報などの情報です。)DCFは撮影した画像をsRGBの色空間に変換してJPEG圧縮ことを前提とされていたのですが、DCF2.0ではより色空間が広いAdobeRGBにも対応して、AdobeRGBで保存される際はsRGBと区別の付くようExifにその情報が書き込まれます。より広い色空間を意識したことにより、より高品質なプリントが可能になります。
<ちょっとまめ知識> が・・実は画像処理の知識を中途半端に持っていて、画像処理ソフトで処理するよりも、意外とデジタルカメラからダイレクトにプリントした方がきれいだったりしませんか?それはダイレクトプリントの場合、AdobeRGBよりもさらに広い色空間sYCCなんていうものが使用されているからです。実際デジタルカメラで撮影したデータはsYCCで記録されているのですが、モニタにはその色空間を表現できるものがありません。色を目で確認できないものを画像処理で扱うことはナンセンスだということで、sYCCを意識した画像処理ソフトはほとんどありません。画像をソフトで開いた時点でsRGBだったりAdobeRGBの範囲外の色はクリッピングされてしまうのが実情です。最近の汎用プリンタはAdobeRGBよりもさらに広い範囲での印刷が可能になっていますので、sYCCプリントが可能なわけです。ダイレクト、画像処理を上手に使い分けてきれいな画像をプリントしましょう。
【インターフェイス】
USB2.0 Hi-speedになりました。自分のノートパソコンは1.1です。寂しいです。
【フォーカシングスクリーン】
カメラが好きな人なら感じたことがあると思いますが、ファインダーはデジタル一眼の弱点の一つでした。実際旧型もマニュアルフォーカスの際、勘に頼る部分があったと思いますが、20Dで評価の高かったプレシジョンマットへの変更で、その悩みも解決でしょうか・・・期待します。
【ISO感度】
他メーカーのコンパクトではモデルチェンジの高画素化により最低感度を上げたりするようなものもありましたが、やはりここはDIGIC IIいやキャノン、見た目上のスペックダウンはありません。
【大きさ・質量】
前回のブログで書きましたが、自分がコンパクトにこだわっている理由はとにかくその携帯性、しかし、大きさと重量、かなり心を揺さぶられます。弟が20Dを所有している関係でレンズ資産はこれから充実の一途(周りにはやっぱり70-200mmIS F2.8L USMが評判良いよ!)なのでかなり魅力的に感じています。近所のお店の人が言うには近々Pro1後継機も出る可能性があるらしいので、自分の用途・懐をよく考えながらいろいろデジカメ情報を追って生きたいと思っています。新しいモデルが次々に出るときって、本当にわくわくしてたのしいです!!

---総評---

今回のモデルチェンジはかなり魅力的であると思います。特にコンパクトが大きな「ウリ」のひとつになっていますが、コンパクトデジカメユーザーの自分もこの戦略に大いに心を揺さぶられています。コンパクトでありながら、画質的にそのネガティブな部分を出さない(少なくとも20Dではなかったと思う)所に大いに期待しています。

|

« EOS KissデジタルN | Main | NIKON D50?? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

NEW kiss デジ は仲間内でもかなり話題になってます。サブ本体として良いなと思ったがバッテリーが20Dと共通じゃないんだよ。軽量化の関係上仕方の無いことだけど・・・。
デジ一眼所有者からみるとPRO1系は中途半端に感じてしまう。しかしながら所有前は購入候補のカテゴリーだったことは事実。
自分の場合撮影対象は愛犬の黒ラブmiti。黒は難しい。犬は動く。DOGスポーツはスピードが速い。撮影距離が様々。等の条件を考えたら自分には一眼しか選択肢は無かった。
カメラは使用する人のライフスタイルや使用条件によって決めるのが良いね。だってせっかくコンパクトでもうまく写らなかったら使用しなくなっちゃうからね。子供も動くよ(笑)。その動いてる時の表情を止められるのはまだ一眼しか無理じゃないかな。
それにしてもいっぱい書いたね。

Posted by: mitiパマ | February 23, 2005 at 12:58 AM

AFの遅さ、レリーズタイムラグ、起動に必要な時間は確かに今所有のPowershot G2の大きな弱点になっています。でも最近のコンパクト、特にお気に入りのKonica-Minolta A200なんかは「コンパクトにしては」と但し書きが付くけど、満足の良くレベルまで来ています。あと同じくKonica-Minolta のZ5(2/18発売)もジェットAFといってコンパクトでもAFの速さを売りにするモデルも出てきました。今日触ってきたけど店内撮影では感触良かったです。今までCanonのG系はその時代ではほぼ最先端の性能と画質を誇っているだけに、G系、Pro系、あとはS系の次期モデルに大変期待してます。でも今のNikon D70の価格やEOS KissデジタルNの予想価格を見ると、はっきりいって相当迷ってます。会社のD1~D2HまでのNikon一眼のは、レンズも超高級な望遠が付いているにもかかわらず、厳しい条件での撮影ということもあるんだけど、画質的には正直そそられるものがなかったです。雑誌のサンプルを見ても同じでした。でもD70を4日間かりてテスト撮影したら、これが意外と良くて、素材としたら結構使えると思いました。今D70だったら本体だけで実質6万円(キャッシュバックがある)!!。純正標準レンズつきで9万円前後!!!。悩んじゃうね。たのしいね~。

Posted by: peng_peng | February 23, 2005 at 02:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73547/2998198

Listed below are links to weblogs that reference EOS KISSデジタル 新旧比較:

« EOS KissデジタルN | Main | NIKON D50?? »