April 26, 2018

ALFA156から乗り換える? 第3弾 ボルボ S60 T3編

予期せず試乗する機会がありましたので、なんの知識も持たず乗ってみました。

ボルボのS60 T3です。

貸したくれた友達によると、排気量1.5リッターの3気筒ターボだそうです。前車に追従する機能も付いてるとのこと。

乗ってみると、乗り心地は以前試乗したベンツのCクラスに似ている感じ。最近のセダンは大体こんな感じなんですかね?角がとれてマイルド、だけど芯がある乗り心地です。ベンツがランフラットタイヤを履いてるのに対しこちらは自分のアルファで超好印象だったミシュランPS3です。好印象なボルボの乗り心地に大いに貢献しているのではないかと感じます。同じタイヤでどうなの?気になります。しかしボルボのセダンで幅235のタイヤって、凄いですね!

動力性能ですが、もう聞き飽きた言葉ですが、1.5リッターとは思えないくらいのトルクです。街中ではこれ以上何が必要なのかと思えます。ブレーキもそこそこ剛性感あるし、コントロールしやすそうです。ステアリングフィールだけは少し違和感あり?電動かな?と、思って今調べたらやっぱり電動みたいです。もしかしたらタイヤの太さから来る違和感かもしれない程度のものです。

試乗前はどういう方がこの車に乗るのかあまりピンとこなかったのですが、普通に良い車ですし、最近の垢抜けたイメージのボルボに乗りたい気持ちも何となく分かりました。少しの試乗でしたが、「あー、もうこれでいいや〜」という感じさえしました。

乗り換えよう!という積極的な気持ちはないにせよ、安全機能満載、前の車にとついていく楽チン機能もあり、形を抜きにしたらこれでもいいや、という気持ちになりました。

友達には、もう末期症状(車に興味なくなってる?)と言われました。

最近のアルファは個性がないと言われることもあるようですが、ベンツとボルボもこんな感じ…アルファも?だったらアルファが良いな!と何故か興味が湧かなかったジュリアが俄然気になり出しました。結果アルファが好きだということが分かったところで、今日はお開きにsun

|

March 20, 2018

卒業×3

今週は卒業式週間!

三人の息子が、新たなステージに向け卒業します。
大学卒業→大学院
中学卒業→公立高校
小学校卒業→私立中学

色々考えると泣きたくなるので、とにかく前を見つめて歩いていこう!

ちなみに自分も昇格(と言っても、単に年上の人がいなくなってきたから)・・振り返るとやっぱりいろいろつらかったので泣きそうになるし、明後日から会社に行きたくなくなるので、とにかく歩き続きよう。

健康で暮らせていることに何より感謝です。

|

March 13, 2018

きょうだい型

ひさびさに面白い本発見!

「人の性格はきょうだい構成に支配されている」を前提に、人間づきあいに役立つ傾向と対策が面白おかしく書かれています。

きょうだいの一番上を「長子」、上下にきょうだいがいるのが「中間子」、きょうだいの一番下が「末子」、一人っ子は「一人っ子」として、4つのきょうだい型に分けられています。

自分は「中間子」、妻は「一人っ子」、自分の三男「末子」辺りで、思考&行動パターンとして面白い!なるほど!と思うのをいくつか挙げると・・・

◆価値観
(三男)末子は、やれそうなことをやる→当たってるわ!
(自分)中間子は、みんながやらないことをやる→確かにみんながやることやってもしょうがないと思ってる
(妻)一人っ子は、やりたいことだけやる→全くその通り!


◆掛けているもの
(三男)末子は、ガッツがない→頑張るの嫌だとはっきり言ってる!
(自分)中間子は、素直さがない→人の言葉を額面通り受けないな~!
(妻)一人っ子は、常識がない→全くその通り!良くいってくれた!

◆ピンチ
(三男)末子は、見て見ぬふり→お兄ちゃんが叱られてるときは一生懸命勉強してるわ!
(自分)中間子は、ピンチに張り切る→仕事でトラブルあると張り切っちゃう!
(妻)一人っ子は、ピンチに気付かない→当たり過ぎてる(笑)

◆夫婦ゲンカ
(三男)末子は、うやむやにする→そんな感じになりそう!
(自分)中間子は、よく話し合う→その通り!
(妻)一人っ子は、家出する→何度家出したことか(笑)ウケる!

もっと、たくさんの「そうそう!」があります。
きょうだい型同士の付き合い方や相性なども面白く、時間つぶしにはもってこい、是非読んでみて!

|

January 07, 2018

中学お受験

昨日は三男の中学受験。

中学受験を決めたのは、本人の意思というよりは自分たち親の都合。二男が公立中学でいじめにあったときの学校の対応に驚き、安心して子供を預けることができないと考えたしたためです。(担任の先生はじめ、同学年の先生方には助けていただきましたが)

それが今年度の夏休み前。それから受験の準備。私達の地域は私立中学はほぼ定員か定員割れのため、普通にコツコツ勉強してきた子であれば受かって当然な感があります。しかし、ADHDグレーゾーンの我が子は、勉強を継続的にできませんでした。

毎日が戦いで、本人も我々両親も辛い日々の毎日でした。時には傷つけるような言葉も発してしまったりもしました。模試を受けたときの成績や本人の落ち込みを、見てると親のエゴで受験させようとしたことが本当に申し訳なくて、苦しい思いをしました。

そんな中、何とか受験まで辿り着けたのは、本当に妻の力が大きかった。と、いうより、ほぼ100%妻のおかげでした。

もうやめた!何度自分がさじを投げたか…そのたびに子供をフォローし、粘り強く国語の長文問題を続けてくれました。

正直、結果は厳しいものになることを覚悟してますが、本当に妻やゆるーく続けてくれた塾の先生、他の方々のサポートに感謝と、みんな凄いという尊敬の思いでいっぱいです。

受験では自分の力が足りなかったけど、自分にはとても勉強なりました。仕事や家族のことで今後活かせていけたらと思ってます。

まだまだ未熟だと自覚でき、本当に貴重な半年間だったと思います。子供にとっても、良い経験だったと思えるものであればよりうれしいのですが…

2018.1.11 追記
いや、まさかの合格。皆様に感謝。神様にも感謝。

|

January 01, 2018

2018年 あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

ここ数年、年末年始は義母のくも膜下出血や家族のインフルエンザ、毎年ハプニング続きですが、今年も三男がインフルエンザでした。

そんな中、今の住まい10年目にして初めて自宅裏の山に初日の出を拝みに行ってきました。皆さん健康でよいお年を!

Img_4060_r

Img_4058_r


|

«自動車雑感